韓国語会話 いろんな使い方

韓国語会話 いろんな使い方

よく使う言い回しのようなのを集めてみました。

基本的なパターンです。

韓国語の語順も文法も日本語とほんとによく似
てます。

いくつかのパターンを覚えておいて、後は使い
ながら適当に応用していきましょう。

そしてやっぱり、単語は、沢山覚えておくほう
が良いに決まってます・・・が・・・・!?。

 

漢字語の読み方 基本的な法則

基本的な法則を覚えることで、一気に韓国語の語彙が増えることとなります。
とにかく、これだけ覚えれば、単語が一挙に・・・・。

  • 明=メ(日本語) −−> ミョ(韓国語)    イ−−>ン(
  • 正=ショ(日本語)−−> ジョ(韓国語)   ウ−−>ン(
  • 剛=ゴ(日本語) −−> カ(韓国語)    ウ−−>ン(
  • 雲=ウ(日本語) −−> ウ(韓国語)    ン−−>ン(
  • 博=ハ(日本語) −−> パ(韓国語)    ク−−>ク(
  • 金=キ(日本語) −−> キ(韓国語)    ン−−>ム(
  • 日=ニ(日本語) −−> イ(韓国語)    チ−−>ル(
  • 率、律=リ(日本語) −−> リュ(韓国語)   ツ−−>ル(
  • 籍、積=セ(日本語) −−> ソ(韓国語)   キ−−>ク(
  • 愛=アイ(日本語) −−> エー(韓国語)   アイ−−>エー(

丁寧な命令形の「〜して下さい」。

‐(십시오/(세요
(ウ)シプシオ/(ウ)セヨ

また、お願いの(私に)「〜してください」

‐(어、아、여주십시오주세요
チュシプシオ/チュセヨ

「〜していただけますか?」

‐(어、아、여주시겠읍니까?
‐チュシゲッスニカ?

「〜して差し上げます」

‐(어、아、여드리겠읍니다
‐トリゲッスニダ

「〜してもいいですか」

‐(어、아、여도 됩니까? 돼요?
‐ド テニカ?/デーヨ?

‐(어、아、여도 괜찮습니까?괜찮아요?
‐ド クン(ケン)チャンスニカ?/ケンチャナヨ?

‐(어、아、여도 좋습니까?좋아요?
‐ド ジョッスニカ?/ジョアヨ?

「〜しなければなりません」

‐(어、아、여야 됩니다돼요
‐ヤ テニダ/デーヨ

‐(어、아、여야 합니다해요
‐ヤ ハニダ/ヘヨ

「〜なんですが」

는데요
‐ヌンデヨ

を文の終わりにつけます。

・動詞につくとき 는데요

・形容詞につくとき (ㄴ데요

・(겠、었)につくとき  는데요

「いる」「ある」

存在するのというのは、物と人の場合同じように使われますが、人の場合は、敬語形が異なってきます。

ある、いる
있다

あります、います
있습니다/ 있어요

「〜いつ・どこ・どれ・誰・何」

「いつ」언제(オンジェ)

「どこ、どの」어디 、어느(オディ、オヌ)

「誰」누구、누가(ヌグ、ヌガ)

「何」(ムォッ)

「どんな」어떤(オットン)

「なぜ」(ウェ)

「〜できるだけ」

次の2つの言い方があります。
どちらもよく使われてるようですね。

가능한 한
カヌンハ ナン

될 수 있는 대로
 ス インヌン デロ

もう少し

もう少し小さな(大きな)
좀 더 작은    큰
チョ トー チャグン(クン)

「できます」

できます

으ㄹ 수 있읍니다
〜ル ス イッスニダ

「〜したことがある」

〜したことがある

〜(ㄴ 적이 있읍니다
〜ン チョギ イッスニダ

「〜けれども けれど」

〜けれども けれど

지만
でも
하지만
ハジマン

「〜より」

〜より

보다
僕より背が高い
나보다 키가 크다.
ナポダ キガ クダ

「〜から 〜まで」

〜から 〜まで

−から
부터

−まで
까지

「〜だから 〜ので」

〜だから 〜ので

−(니까니까는
니까니까는 は「−」の強調語

「〜ですね 〜だね」

〜ですね 〜だね

군요
  クニョ

구나
  クナ

目下の者に対して使ったり、また、自分の感嘆を表すのに使います

「〜しようとすれば 〜したければ 〜するには」

〜しようとすれば 〜したければ 〜するには

−(려면
  ウ リョミョン

려고 하면の略語
リョゴ ハミョン

「〜しましょうか? でしょうか?」

〜しましょうか? でしょうか?

−(ㄹ 까요
  ウル カヨ

推量するときや、疑問または自分の考えを自身に表すときなどに使います。

「〜になる〜するようになる」

〜になる〜するようになる

가 되다〜になる
  イ/ガ テダ

게 되다〜するようになる
  ゲ テダ

「〜なんだけど〜のに」

〜なんだけど〜のに

는데
ウン/ヌンデ

「〜するところだ」

〜するところだ

참이다(動作をこれから初めるところ)
チャミダ

「〜の使い方いろいろ」

−形容詞 어 지다

状態が進行していく様子を表します。

−しないでください
−動詞語幹+지 말다

−していらい −してから
은 지


・疑問や推量などについて
・当然の意味を表すときに語幹につけて使われます

−でしょう −ですよね
지요 (

「〜の使い方」


動詞などの語幹について名詞を作ります。

−するために(前の言葉の目的)
기 위해서

−のために、−のせいで、−わけで(前の言葉が原因や理由)
기 때문에

−する前に
기 전에

数の表現

漢数詞と、固有数詞の2通り

漢数詞は、一 (イル)、二 (イー)、三 (サム)、四 (サー)、五 (オー)、六 (ユク)、七 (チル)、八 (パル)、九 (ク)、十 (シプ)

固有数詞は、1つ 하나(ハナ)、2つ (トウル)、3つ  (セツ)、4つ  (ネツ)、5つ 다섯(タソツ)、6つ 여섯(ヨソツ)、7つ 일곱(イルゴプ)、8つ 여덟(ヨドル)、9つ  아홉(アホプ)、10 (ヨル)

韓国現地で録音してみました!
映画やテレビドラマのような聞きやすい韓国語とはちょっとちがう
あなたは聞き取れますか!?

  

 

韓国語オススメ教材

独学で韓国語を極めるには是非とも必要なオススメ教材です。
独学には必携!?